更新年月日・2018年2月21日

テキスト教材 詳細情報 熱処理作業マニュアル(英語版)

名称 熱処理作業マニュアル 【英語版】
種類 職業能力開発研究会制作 海外研修生指導教材
分野 機械分野
内容 本教材は機械分野における熱処理作業のマニュアルとして各処理の意義、注意点などを表や図などを多用して解かりやすく解説しています。
本教材には他に同内容で「日本語版」と「中国語版」があります。
この教材が作成された背景には、マイクロエレクトロニクスを中心とする技術革新の進展、高度情報化により大きく変わろうとする日本の社会問題があり、産業や経済の分野では、企業の海外進出及び外国人労働者の受け入れなど、労働力の国際化が顕著になってきていることなどがあげられます。
これら社会、経済の国際化は人づくりの面で国際間を通しての職業能力開発が重要な課題となっており、本教材もそのような面で役立てていただければ幸いです。
目次 1.熱処理とは
2.焼き入れ、焼戻しに関する用語
3.焼き入れの仕方
4.焼戻しの仕方
5.焼きなましの仕方
6.等温状態(TTT曲線またはS曲線)
7.連続冷却変態(CCT曲線)
8.加熱炉の種類と特性
9.冷却剤の種類と使用法
10.焼きの入り方
11.焼き入れ時の欠陥の原因とその対策
12.熱処理炉の使用例
13.丸棒の焼き入れ、焼き戻しの実験例
14.硬さ試験
仕様 【規格】A4判24ページ
制作年月日 平成5年
テキスト表紙 テキスト中身

このページの先頭へもどる

本文ここで終了