更新年月日・2018年2月21日

テキスト教材 詳細情報 交流被覆アーク溶接(中国語版)

名称 交流被覆アーク溶接 【中国語版】
種類 職業能力開発研究会制作 海外研修生指導教材
分野 機械分野
内容 本教材は塑性加工、溶接分野における交流被覆アーク溶接について、比較的初心者の方対象に作業に適した身じたくの仕方からアーク発生の仕方、実際の溶接時の注意点などを解りやすく解説しています。
本教材には他に同内容で「日本語版」と「英語版」があります。
この教材が作成された背景には、マイクロエレクトロニクスを中心とする技術革新の進展、高度情報化により大きく変わろうとする日本の社会問題があり、産業や経済の分野では、企業の海外進出及び外国人労働者の受け入れなど、労働力の国際化が顕著になってきていることなどがあげられます。
これら社会、経済の国際化は人づくりの面で国際間を通しての職業能力開発が重要な課題となっており、本教材もそのような面で役立てていただければ幸いです。
目次 1.学習の進め方
2.身じたくの仕方
3.アーク溶接機の扱い方と電流調整の仕方
4.溶接基本姿勢のとり方
5.工具の形状および用途
6.アーク発生のやり方
7.適正アークの見分け方と作り方
8.プールの見分け方と作り方
9.ストリンガビードの置き方
10.ウィービンブビードの置き方
11.ビードの重ね溶接
12.下向き突合わせ溶接(A−2F)
13.水平すみ肉溶接
14.溶接施工(溶接継手と開先形状)
15.溶接材料(被覆アーク溶接)
16.溶接機器等
17.安全衛生
18.溶接用語
仕様 【規格】A4判39ページ
制作年月日 平成4年
テキスト表紙 テキスト中身

このページの先頭へもどる

本文ここで終了