更新年月日・2018年2月21日

ビデオ教材 詳細情報 立てフライス盤による六面体

名称 立てフライス盤による六面体
種類 職業能力開発研究会制作 ビデオ教材
分野 機械分野
内容 機械にたずさわる人が学ぶべき多くの工作機械操作の中で、初めに経験しなければならないものが旋盤作業とフライス盤作業です。
本教材の中ではその内フライス盤作業について着目し、その中の基本でもある六面体加工の方法について解説しています(黒皮丸棒から六面体の削り出し)。
フライス盤は平面を基準に加工することが多く、したがって平行や直角の平面で囲まれた六面体を作ることがフライス盤作業の基本となるので十分に六面体加工を修得する構成内容になっています。
目次 1.万力に六面体を取り付ける
    平面が基準であることを知ると同時に、平行や直角の平面で囲まれた六面体加工の大切さを知る
2.バイスの取り付け状態の確認
3.加工手順の紹介
4.黒皮材の取り付け方
5.材料に刃先を当てて0点調整
6.バリ取りの仕方
7.複数面加工の後、直角の確認
8.バイス、正直台に加工面を密着させる
9.基準面を使ってバイスに取り付ける方法
10.いろいろな六面体、加工作品の紹介
仕様 【規格】ビデオ(VHS)
【時間】17分
制作年月日 平成4年
画面1
画面2

このページの先頭へもどる

本文ここで終了